分類農村語彙 上 - 柳田國男

柳田國男 分類農村語彙

Add: nykiw61 - Date: 2020-12-01 01:17:45 - Views: 584 - Clicks: 4307

分類農村語彙 フォーマット: 図書 責任表示: 柳田國男著 出版情報: 東京 : 国書刊行会, 1975. 柳田国男集 : 定本: 著作者等: 柳田 国男: 書名ヨミ: ヤナギタ クニオ シュウ: 書名別名: Yanagita kunio shu: 巻冊次: 第29巻: 出版元: 筑摩書房: 刊行年月: 1970: ページ数: 524p 図版: 大きさ: 23cm: NCID: BN※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号:. チームの若手メンバーが実現してくれた。対象としたのは次の13 の語彙集である。 【分類祭祀習俗語彙】図書刊行会 分類農村語彙 上 - 柳田國男 1963 年 【分類食物習俗語彙】角川書店 1974 年 【分類農村語彙】上・下 図書刊行会 1975 年 【燐寸】マッチmatch 火をつけるための道具の一つ。. 中川 淳編『家族論を学ぶ人のために』世界思想社,1999. 5. 小川直之『摘田稲作の民俗学的研究』岩田書院,1995. 3. 宮本常一『海の民』(宮本常一著作集20),未来社,1975. 8.

『分類農村語彙』 柳田國男著 信濃教育會 1937 → 1975年に国書刊行会から発行された複製版もあります。 【本館1階書庫 380. 伊藤幹治『家族国家観の人類学』ミネルヴァ書房,1982. 13. 小山 隆 他『家と現代家族』培風館,1976. 2. 社会伝承研究会『家格制と村落構造』(社会伝承研究VI),1978. 7.

3/y53】 これ以外にも柳田国男が編集で関わった習俗語彙シリーズはたくさんあります。. 桜田勝徳「漁民の生活と社会」『桜田勝徳著作集』2,名著出版,1980. 13. 原 忠彦・末成道男・清水昭俊『仲間』弘文堂,1979. 11. 分類山村語彙 柳田國男 国書刊行会 昭54 函 1000. 柳田國男、倉田一郎、山口貞夫、大間知篤志三、橋浦康雄(編)、国書刊行会、昭和52、20cm、全12冊 重版 函 経年並 歳時習俗語彙・分類山村語彙・分類漁村語彙、分類農村語彙(上下)・居住習俗語彙・服装習俗語彙・葬送習俗語彙・禁忌習俗語彙・族制語彙. 赤田光男『ウサギの日本文化史』世界思想社,1997. 7.

磯田 進「村落構造の二つの型」『法社会学』1,1956. 5. 白石昭臣『畑作の民俗』雄山閣,1988. 4. 倉田一郎『農と民俗学』岩崎美術社,1969. 13. 小野武夫『日本村落史概説』岩波書店,1936. 3. 佐々木高明『日本の焼畑』古今書院,1972. 10. 福田アジオ『可能性としてのムラ社会』青弓社,1990. 5.

八木康幸『民俗村落の空間構造』岩田書院,1998. 12. 竹内利美『家族慣行と家制度』恒星社厚生閣,1969. 8. 堀田吉雄『海の神信仰の研究』上・下,光書房,1979. 15. 藤岡謙二郎『村落と開発』(講座 考古地理学4),学生社,1985. 4. 山路勝彦『家族の人類学』世界思想社,1981. 3. 小川徹太郎『越境と抵抗-海のフィールドワーク再考』新評論、. 6.

孝本 貢『現代日本における祖先祭祀』御茶の水書房,. 3. 内藤莞爾『末子相続の研究』弘文堂,1973. 6. 山中永之佑『日本近代国家の形成と村規約』本鐸社,1975. 8.

原田敏丸『近世村落の経済と社会』山川出版社,1983. 7. 竹田聴洲他『日本の家』国書刊行会,1981. 8. 天野 武『狩りの民俗』岩田書院,1999. 3. 川島秀一『漁撈伝承』法政大学出版局,. 2. 底本: 「定本柳田國男集」(昭和37年1月-昭和46年5月,筑摩書房刊) 全巻総目次,全巻収録著作索引:32巻末 第17巻以降は別書誌==>. 12 増補版 上巻 下巻. 分類農村語彙 フォーマット: 図書 責任表示: 柳田国男著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国書刊行会 形態: 287p ; 19cm 著者名: 柳田国男著 書誌ID: DT1019. 柳田國男全集 / 柳田國男著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ヤナギタ クニオ ゼンシュウ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房,形態: 32冊 ; 15cm 著者名: 柳田, 国男 シリーズ名: ちくま文庫 書誌id: bnisbn.

年(平成25年) 10月1日 第64号 (入館無料施設) 福崎町立柳田國男・松岡家記念館発行 ご い 福崎町立 柳田國男・松岡家記念館 〒神崎郡福崎町西田原 1038 の12 電話:館 日 記 10月 19日 ( 土 ) 〜 11月 24 日 ( 日 ) の 期 間 に 記 念 館 に. 村武精一『家族の社会人類学』弘文堂,1973. 4. 鳥越皓之『家と村の社会学』世界思想社,1985. 2. 柳田, 国男, 倉田, 一郎国書刊行会. 藤井正雄『祖先祭祀の儀礼構造と民俗』弘文堂,1993. 2. 定本 柳田國男集 愛蔵版全41巻(本巻31・別巻5・資料5巻)揃 筑摩書房(資料篇4・5のみ岩崎美術社) >ホーム > 人文・社会科学 > 民俗学・文化人類学・考古学 > 柳田國男.

千葉徳爾『狩猟伝承研究』全4巻,. 11. 分類農村語彙(上/下) 全2冊 ¥ 2,000 柳田国男 著 、国書刊行会 、1975年 、20cm 、2冊. 瀬川清子『海女』未来社,1970. 10. 高桑守史『日本漁民社会論考』未来社,1994. 4. 内藤莞爾『日本の宗教と社会』御茶の水書房,1978. 12. 坪井洋文編『村と村人』(日本民俗文化大系8)小学館,1984. 3. See full list on web.

10 形態: 2冊 ; 19cm 著者名: 柳田, 国男 書誌id: bnisbn: (上) (下). 上 柳田国男 著. 倉田一郎『経済と民間伝承』岩崎美術社,1951. 12.

10 形態: 2冊 ; 19cm isbn: (上) (下) 著者名: 柳田, 国男 書誌id: bn注記: 複製. 上野千鶴子『近代家族の成立と終焉』岩波書店,1994. 6. 柳田國男 監修 ; 民俗學. 佐々木 章・椎葉クニ子『おばあさんの山里日記』葦書房,1998. 2. 湯川洋司 『山の民俗誌』吉川弘文館,1997. 5. 関戸明子『村落社会の空間構成と地域変容』大明堂,. 13. 伊藤幹治・栗田晴之編『日本人の贈答』ミネルヴァ書房,1984. 11. 渡辺洋三『農業水利権の研究』東京大学出版会,1954. 7.

大島美津子『明治のむら』教育社歴史新書,1977. 6. 12 著者名: 柳田, 国男. 野本寛一『稲作民俗文化論』雄山閣出版,1993. 8.

福田アジオ『日本村落の民俗的構造』弘文堂,1982. 4. 柳田國男「先祖の話」『柳田國男集』10,筑摩書房. 桑子敏雄『風景のなかの環境哲学』東京大学出版会、. 15. 坪井洋文『民俗再考』日本エディタースクール出版部,1987. 8. 沖浦和光『幻の漂泊民・サンカ』文芸春秋,. 6.

安室 知『水田をめぐる民俗学的研究』慶友社,1998. 2. 分類農村語彙 柳田國男著 国書刊行会, 1975. お知らせ 詳細検索 分類検索 横断検索 新着資料 ボタン式 県内図書館等のリンク 図書館トップ 検索結果詳細表示 柳田國男全集 / ヤナギタ クニオ ゼンシュウ ; 第22巻. 可児弘明『鵜飼』中公新書,1966. 17. 『シリーズ 変貌する家族』全8巻,岩波書店,. 16. 市川秀之『広場と村落空間の民俗学』岩田書院,. 11. 桜田勝徳『海の宗教』淡交社,1970. 12.

市川健夫『日本のサケ』日本放送出版協会,1977. 16. 和歌森太郎「村の寄合と座順」『和歌森太郎著作集』10,弘文堂,1981. 8. 第5卷(總索引) -- 改訂. 戦国策 上中下 〃 〃 昭50 函月報 1. 川島武宣「農村の身分階層制」『川島武宣著作集』,1,岩波書店,1986. 4. 総理府統計局『我が国の世帯構成とその変動』日本統計協会,1984. 4.

宮本常一『農業技術と経営の指摘側面』(宮本常一著作集19)未来社,1975. 14. › 沖縄セレクト古本屋日記 ちはや書房 › 新入荷 › 柳田國男編著「分類民俗語彙」12冊など 年06月12日 柳田國男編著「分類民俗語彙」12冊など. 大林太良編『ウジとイエ』(日本の古代11)小学館,1987. 14.

亀山慶一『漁民文化の民俗研究』弘文堂,1986. 7. 木村 礎『近世の村』教育社歴史新書,1980. 5. 岩本由輝『柳田國男の共同体論』御茶の水書房,1978. 16. 増補版 種類: 図書 責任表示: 柳田國男著 出版情報: 東京 : 東洋堂, 1947. 本・情報誌『分類農村語彙 上』柳田國男のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:国書刊行会.

柳田国男全集: Notes: 底本: 「定本柳田國男集」(昭和37年1月-昭和46年5月,筑摩書房刊) 全巻総目次,全巻収録著作索引:32巻末 第17巻以降は別書誌==> Table of Contents:. 竹田 旦『祖先崇拝の比較民俗学』吉川弘文館,1995. 4. 日本学士院『明治前日本林業技術発達史』日本学術振興会,1957. 9. 原田敏明『宗教と社会』東海大学出版会,1972. 2. 田中久夫編『祖先祭祀の歴史と民俗』弘文堂,1986. 13. 森岡清美『新しい家族社会学』培風館,1983. 2. 竹田 旦『日本の家と村』岩崎美術社,1976. 10.

小川 博『海の民俗誌』名著出版,1985. 5. 分類農村語彙 上下 柳田國男 国書. 沖縄県那覇市泉崎の古本屋 【ちはや書房】です。 「セレクトショップ古書店」として日々邁進中! おもしろいふるほん. 坪井洋文「家の祭祀的構造」『国学院大学日本文化研究所紀要』37,1976. 11.

【734-22】 ・綜合日本民俗語彙. 橋本鉄男『木地屋の移住史』民俗文化研究会,1970. 14. 分類漁村語彙 - 柳田国男 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 分類農村語彙 フォーマット: 図書 責任表示: 柳田國男著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国書刊行会, 1975. 『葬送習俗語彙』(複製版) 柳田國男著 国書刊行会 1975 → 1937年に岩波書店から出版されたものの複製版です。 【本館1階書庫 385. 成城大学民俗学研究所編『昭和期山村の民俗文化』名著出版,1990. 16.

3/y53】 これ以外にも柳田国男が編集で関わった習俗語彙シリーズはたくさんあります。 古くから使われていたその土地のことば、当. 香月洋一郎『山に棲む』未来社,1995. 10. 玉城 哲「水田稲作と『むら社会』」『日本民俗文化大系』8,小学館,1984. 6. 文化庁文化財保護部編『狩猟習俗』1,国土地理協会,1973. 12. 6/sou】 『分類農村語彙』 柳田國男著 信濃教育會 1937 → 1975年に国書刊行会から発行された複製版もあります。. 柳田國男編『山村生活の研究』国書刊行会,. 分類農村語彙 上 - 柳田國男 柳田國男編『族制語彙』国書刊行会,. 竹内利美「ムラの行動」『日本民俗文化大系』8,小学館,1984. 9.

作家名: 柳田 国男: 作家名読み: やなぎた くにお: ローマ字表記: Yanagita, Kunio: 生年:: 没年:: 人物について:. 野本寛一『焼畑農耕文化論』雄山閣出版,1985. 9. 森岡清美『家の変貌と先祖の祭』日本基督教出版局,1984. 9. 福田アジオ『番と衆』吉川弘文館,1997. 6. 湯川洋司『変容する山村』日本エディタースクール出版部,1991. 4. 年中行事 ( ねんじゅうぎょうじ ) という言葉は、千年も前から日本には行われているが、永い間には少しずつ、その心持がかわり、また私たちの知りたいと思うこともちがって来た。この点に最初から注意をしてかかると、話の面白みはいちだんと加わるのみならず、人とその生. 柳田國男・倉田一郎編『分類山村語彙』国書刊行会,.

竹田 旦『「家」をめぐる民俗研究』弘文堂,1970. 9. 喜多野清一「身分と家格」『日本民俗学大系』4,平凡社,1959. 6. 湯沢擁彦『図説 家族問題』日本放送出版協会,1973. 12. 分類農村語彙 柳田國男著 東洋堂, 1947. スミス『現代日本の祖先崇拝』御茶の水書房,1981. 10.

坪井洋文「稲作民の再生儀礼」『日本民俗研究大系』2,國學院大学,1982. 5. 牧田 茂『海の民俗学』岩崎美術社,1968. 9. 『定本 柳田國男集 第三十卷 (新裝版)』 雜纂Ⅱ 筑摩書房 昭和45年11月20日 第1刷発行 516p 目次2p 口絵(モノクロ)1葉. ちくま文庫. 5. 柳田 國男(やなぎた くにお、1875年〈明治8年〉7月31日 - 1962年〈昭和37年〉8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。 明治憲法下で農務官僚、貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官などを務めた 。. 分類山村語彙 - 柳田国男 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 木村 礎『村の語る日本の歴史』全3巻,そしえて,1983. 2. 清水浩昭「家族・世帯構成の地域差」『老年社会科学』臨時増刊号,1984. 3.

分類山村語彙 種類:. 竹田聴洲『祖先崇拝』平楽寺書店,1957. 7. 河岡武春『海の民』平凡社,1987. 11. 大間知篤三「家と民間伝承」『大間知篤三著作集』1,未来社,1976. 7. 有賀喜左衛門「日本家族制度と小作制度」『有賀喜左衛門著作集』I・II,未来社,.

内藤莞爾『五島列島のキリスト教系家族』弘文堂,1979. 5. 和歌森太郎「日本人の交際」『和歌森太郎著作集』12,弘文堂,1982. 10. 小島敏雄編『日本林野制度の研究』東京大学出版会,1955. 10. 高桑守史『漁村民俗論の課題』未来社,1983. 3. 今里悟之『農山漁村の<空間分類>』京都大学学術出版会、. 14. 大林太良編『海人の伝統』(日本の古代8)中央公論社,1987. 18. 7 図書 分類農村語彙.

竹内利美「組と講」『郷土研究講座』,2,角川書店,1957. 3. 柳田國男氏の「分類農村語彙」上下巻を借りて確認をしている。 今一つ福井県の小字地名を見ていて奇妙な地名に気付く。 それは「釘貫」(くぎぬき)という地名である。 【今日のじょん】 写真は左から10月8日、12日、本日のものである。. 鈴木元彦『稲の民俗誌』秋田書房,1978. 16. 西村朝日太郎『海洋民族学』日本放送出版協会,1974. 14. 早川孝太郎『農経営と農業技術』(早川孝太郎著作集7)未来社,1973. 15. 前田 卓『姉家督』関西大学出版部,1976. 7.

福井勝義『焼畑のむら』朝日新聞社,1974. 11. 香月洋一郎『景観の中の暮らし』未来社,1982. 9.

分類農村語彙 上 - 柳田國男

email: kosogo@gmail.com - phone:(297) 392-7341 x 1692

スクールクライシス - フェティッシュカンパニ- - を無視しない農業 ただの虫

-> 幸田姉妹 - 萩谷由喜子
-> 帝劇ワンダーランド 帝国劇場開場100周年記念読本 - 東宝株式会社演劇部

分類農村語彙 上 - 柳田國男 - 代理母問題を考える 辻村みよ子


Sitemap 1

IBM小型機の世界 - 赤壁の巻 吉川英治